民法という法律の特徴について

民法とは明治時代に制定された私人間を規定する法律であり、幾多の改正を経て、現代においても裁判の根拠として使われております。民法は1000を超える条文から構成され、大きくは民法総則、物権法、債権法、家族法に分かれています。民法の最大の特徴はパンデクテン方式と呼ばれるところにあります。パンデクテン方式とは民法内の各法律において共通する部分は総則の部分にまとめてしまい、その後各論を規定していくというものです。例えば、民法総則は物権法、債権法、家族法のいずれにも共通する事項が定められており、また、物権法、債権法などのそれぞれの規定も、始めはそれぞれの総則について定められており、その後各論を規定していくというやり方が取られています。民法は司法試験をはじめ、行政書士や司法書士そして公務員試験など多くの試験の必須科目となっていますが、この複雑な法体系が理解されていなければ、民法を試験合格レベルまで習得することはまず無理であるといえます。

ニナファーム 大島について

仙台で記念写真が撮影できるスタジオ

七五三 撮影 スタジオ

株式会社ヤマダ電機について

法人の登記所在地検索

最新記事

  • 法律のまとめについて話したいと思います。日本には現在多数の法律があります、しかしあまりにも多すぎてな …

    詳細はコチラ!

  • 今や、様々な法律系の国家資格があります。司法試験を筆頭に、税理士、司法書士、社会保険労務士などで、そ …

    詳細はコチラ!

  • 沢山の人が快適に共同生活を送る上で必要なことは皆が守るべきことを決めることです。何をしたら良いのか何 …

    詳細はコチラ!